赤い屋根の家

外壁塗装業者が訪問販売に来た時注意したい事

外壁塗装を検討しなければいけない時期は一般的に築10年と言われていますが、あくまで目安なので必ずしも10年という年数にこだわる必要はありません。実際自分の目で外壁をしっかり見て確認するのがいいでしょう。
外壁塗装に関して注意しておきたいのが塗装業者による訪問販売です。特に築5~6年しか経っていないのにが外壁の汚れなどを指摘しに来る業者がいます。少し汚れているだけでヒビが入っているとか住人の方の不安を煽るような事など言ってくるので惑わされないようにしましょう。築5~6年しか経っていないのに訪問販売してくる塗装業者は悪質業者だと判断して断るといいでしょう。
塗装業者が訪問販売をしてきた場合はどこの会社なのかを聞いておくのもひとつの手です。塗装業者による訪問販売は、基本的に地元周辺しかしない事が多いので、もし遠くの業者でしたらその会社は評判が良くないと判断して断るといいでしょう。
外壁塗装をすれば外壁が綺麗に見えてしかも老朽化を防ぐ事は出来ますが、築10年以上経っていても明らかに大丈夫な場合もあります。そういう時は住人の方が見てもでだいたい分かるので、塗装業者の巧みな言葉に惑わされないようにしっかり断る事が大切です。

new information

2016/04/15
外壁塗装の一括サイトを活用する前に注意することを更新しました。
2016/04/15
外壁塗装業者が訪問販売に来た時注意したい事を更新しました。
2016/04/15
外壁塗装と屋根塗装は一緒にしましょうを更新しました。
2016/04/15
外壁塗装が必要どうかを見定めるを更新しました。