赤い屋根の家

外壁塗装と屋根塗装は一緒にしましょう

住宅を建ててから年数が経つと老朽化というものが始まってきてしまいます。そのため外壁塗装を検討していかなければいけないのですが、塗装業者に見てもらうと悪質な場合は大げさに言われてしまう事もあるので自分である程度確認出来るようしておかなければいけません。
外壁塗装をするための目的と言えば水漏れを防止するという事があります。そのため屋根の塗装の状態は常に確認しておく必要があります。水漏れが一番起こりやすいのは当然屋根になってしまうので屋根の塗装は重要になってきます。
屋根塗装は外壁塗装と同じぐらいの時期に必要になってくると言われています。住宅を建てる時に外壁も屋根も塗装しているのですから、当然老朽化してくるのも同じ時期になってきます。外壁が古くなってきたなと感じたら屋根も古くなっていると考えていいでしょう。
外壁塗装でも屋根塗装でも最初に足場を組む事になりますが、足場を組む費用も実はそれなりにかかってしまいます。普通の住宅だと15万円ぐらいが相場で大きい住宅だと20万円ぐらいになってしまいます。そのため外壁塗装と屋根塗装を別々にやってしまうと足場も2回組まなければいけなくなるので、安くするためには外壁塗装と屋根塗装は一緒にやってしまう方がいいでしょう。

new information

2016/04/15
外壁塗装の一括サイトを活用する前に注意することを更新しました。
2016/04/15
外壁塗装業者が訪問販売に来た時注意したい事を更新しました。
2016/04/15
外壁塗装と屋根塗装は一緒にしましょうを更新しました。
2016/04/15
外壁塗装が必要どうかを見定めるを更新しました。